企業法務の細分化

法的な処理や企業の経営に関して、安定して行うために必要なのが企業法務です。
しかし、この企業法務には三つの種類に分けることができるということをご存じでしょうか。
実際に明確に細分化されているということではないのですが、大きく分けて「臨床法務」と「予防法務」「戦略法務」の三つに分かれています。
それぞれを使いこなして、安定した企業の運営を行いましょう。

企業法務とは、それらの視点から法律に関するサポートを行うことを総じて表現されることが多いです。
会社設立から取引、人事や労務など、ほとんど企業の行動には法律が絡んできます。
しかし、その法律関係の知識を有する人材がいない場合どうなるでしょうか。
企業として安定しているとは言えず、信頼も他の企業から得ることは少なくなります。

実際に日本の企業には、法務部を設置している企業も多いですが、中には設置していなかったり、総務などがまとめて行っている場合も多いです。
ただ、法律に関する問題というのは確かな知識が必要になるため、専門の知識を有した人材が必要になるのです。
それぞれの法務に合わせて、実際に知識を持っている人材を活用し、最適な企業の運営を行いましょう。

このサイトでは、そういった企業の安定を図ることが出来る法務について説明します。
先ほど説明した三つの法務ごとに、どのような仕事内容なのかを説明し、企業にとってどれほど重要なものなのか紹介します。
大企業も中小企業も、法務は重要な課題やトラブルになることもあるので、十分注意しましょう。